「小説講座【ストーリーの考え方】」 一覧

講座【小説・ラノベ】「読者の気持ちの予測」と「読後感」について

「読者の気持ちの予測」と「読後感」について - 小説の書き方講座

「読者の気持ちの予測」について 小説を書く上で、「自分の作品に対して、読者がどう感じるのか」を予想する事はとても重要な事です。 自分が狙ったように読者は受け取ってくれるか、間違って伝わらないかを予想せずに書いてしまうと、当然の事ながら「自分の思っていない受け取り方をされてしまった」となり、作品の評価 ...

講座【小説・ラノベ】「物語の締めくくり」について

「物語の締めくくり」について - 小説の書き方講座

物語の締めくくりは、作品の良し悪しを決める大事なポイントになります。 途中まで良くても、最後がおかしくなってしまうと「おもしろくない作品」という感想を持たれてしまいます。 物語の締めくくりは、細心の注意を払って書きましょう。

講座【小説・ラノベ】ご都合主義について

「ご都合主義」について - 小説の書き方講座

ご都合主義とは、「作者の都合」で不自然な展開でストーリーが進んでしまう事を言います。 あまりに酷いと、読者は納得できない気持ちになり、シラけて読む事をやめてしまう事もあります。 書いていると自分は入り込んでしまっていて気付かない事がありますので、しばらく作品を置いてから読んで確認したり、身近な人に読 ...

講座【小説・ラノベ】「フラグ」について

「フラグ」について - 小説の書き方講座

「フラグ」は、様々な作品で使用されていて「テンプレート化した伏線」の事です。 伏線の場合は出てきても気付かなかったり、気にはなるけど最後になるまでどういう意味を持っているのかわからなかったりしますが、フラグの場合は何度も別作品で見ているため、予想ができてしまいます。 ですが、その「予測ができる」とい ...

講座【小説・ラノベ】「伏線」について

「伏線」について - 小説の書き方講座

伏線とは、「物語中に潜ませるキーワード」の事です。 人物の言動や物事などを物語の序盤や中盤に見せておき、物語の終盤にそのキーワードの意味がわかるという使い方をします。 伏線により、読者を驚かせたり、予想をさせたり、予想を裏切ったり、読み進める興味を引く事ができます。 伏線がうまく張られている作品は、 ...

講座【小説・ラノベ】会話文について

「会話文」について - 小説の書き方講座

ライトノベルは、人物同士の会話により物語が展開していくため、会話文はとても大切です。 会話文を使う事で、読者がテンポ良く読み進められたり、人物の魅力が増したり、情景や状況が伝わりやすくなります。   会話文で気をつける事 セリフを長くし過ぎない 1つのセリフが長文になってしまうと、読者がと ...

講座【小説・ラノベ】人物の表現(人物描写)について

「人物の表現(人物描写)」について - 小説の書き方講座

人物が登場した際、その人物の容姿が読者にわかるように、文章で表現する必要があります。   容姿を直接的に表現する方法 「黒くて長く切りそろえられた髪に、透き通るような白い肌」などのように女の子のパーツを直接表現し、どういう容姿をしているのかを読者に伝えていきます。 注意が必要なのは、多く盛 ...

講座【小説・ラノベ】情景の表現(情景描写)について

「情景の表現(情景描写)」について - 小説の書き方講座

主人公がいる場所を読者に伝える事は、とても大切なポイントです。 情景描写をおろそかにして話を進めてしまうと、読者の周りのイメージが曖昧なままになってしまい、今どんな場所にいるのかわからなくなり、どんどん意味がわからなくなってしまいます。 また、場所をしっかりと表現する事で、主人公の行動に説得力が出た ...

「説明・設定」は読みやすくなるように工夫する - 小説の書き方講座

説明や設定は、何の工夫もせずに書いてしまうと、読者は大量の文字を淡々と読む事になり、苦に感じてしまいます。 小説を読んでいるというより、辞書や教科書を読んでいるような気分になります。 説明や設定など、読者が読みづらいものも、工夫をする事で読みやすくする事ができます。

講座【小説・ラノベ】物語の時系列について

「物語の時系列」について - 小説の書き方講座

「物語の時系列」とは、物語の時間の流れの事をいいます。 「起承転結」の場合は、「現在-現在-現在-現在」となり、物語の時系列は順当に進んでいます。 「結・起承転結」の場合は、「未来-現在-現在-現在」となり、物語の時系列に変化を与えています。   時系列に変化を与える事で、インパクトを与え ...

Translate