「メインキャラはその他大勢と同じ行動をしない」性格にする - 小説の書き方講座

更新日:

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on TumblrShare on Google+Pin on PinterestShare on RedditShare on StumbleUponDigg thisShare on LinkedInShare on VK

メインキャラは、その他大勢と同じ行動をしない性格にする必要があります。

メインキャラが他の人と同じ行動を起こしてしまうと、目立つ事がなく、ドラマも起こりません。

 

家が火事になっている。
中には子供がいると、泣きながら叫んでいる母親がいる。
大勢の人は救急車に連絡した後、ハラハラしながら様子を見ている。

「主人公は、水を被って家の中に飛び込む」

この時、主人公も大勢の人と一緒にハラハラしながら様子を見てしまっては、ドラマになりません。

スポンサーリンク

また、主人公の性格は、「火事になっている家の中でも飛び込む」ような主人公に設定しておく必要があります。

もし主人公が物静かな性格で、面倒事やトラブルは見て見ぬフリをするような少年だった場合、「家の中に飛び込む」行為は不自然になってしまいます。

この主人公でも不自然に見えない方法は、過去に自分も同じ状況で助けられた経験があったり、自分を変えたいとずっと悩み続けてきたというエピソードが、火事の前に語られていれば不自然にならずに行動させる事ができます。

 

関連する商品

楽天市場 Amazon

 

-小説講座【キャラクター設定・世界観設定】

Translate

Copyright© 愛楽ゆに の 創作研究所 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.