「キャラクターの役割」について - 小説の書き方講座

更新日:

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on TumblrShare on Google+Pin on PinterestShare on RedditShare on StumbleUponDigg thisShare on LinkedInShare on VK

「キャラクターの役割」とは

「キャラクターの役割」とは、物語上でそのキャラクターが必要となる理由の事です。

極論を言うと、役割のないキャラクターは作る必要はありません。

物語を盛り上げるため、しっかりと役割を考えて必要なキャラクターを作りましょう。

スポンサーリンク

主人公

主人公については、『「感情移入」と「憧れ」と「欠点」について』をご参照ください。

 

恋人

三角関係だと二人、ハーレムモノだと複数人になる事もあります。

 

仲間

主人公とよく一緒にいる人物です。主人公を助けるために行動します。

 

脇役

主人公の家族やクラスメイトもこれに当たります

 

ライバル

主人公が越えないといけない相手です。

バトルモノだと倒すべき相手だったり、恋愛モノだと恋敵だったりします。

主人公にないものを持っていたりするため、強くもあり、魅力的でもあります。

ただの敵ではなく、勝った後は仲良くなったり仲間になったりします。

 

ザコ敵

主人公が力を示すためのザコとして登場します。
倒しても仲間にならない敵です。

知能のないモンスターや、力はあるが頭が悪いなど、主人公の敵でない事がほとんどです。

主人公がその敵を簡単に倒したり、余裕で一騎当千する事で、主人公の持っている力を読者に示すために役に立ちます。

 

ボス

仲間と協力して乗り越える必要のある、力を持った敵です。

簡単にはクリアできず、主人公たちはピンチになります。

「トラブル」という形で、主人公の行く手を邪魔するイベントもここに入ります。

 

ラスボス

最後のボスです。
これをクリアすれば、物語はエンディングを迎えます。

今までの集大成ですので、主人公たちに全力で挑ませましょう。

ラスボスが弱いと、主人公たちが全力を出す必要がなくなってしまうため、盛り上がりに欠けてしまいます。

主人公たちの力や魅力が最大限発揮できるように、ラスボスはよく考えて設定しましょう。

 

関連する商品

楽天市場 Amazon

 

-小説講座【キャラクター設定・世界観設定】

Translate

Copyright© 愛楽ゆに の 創作研究所 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.