「小説講座【キャラクター設定・世界観設定】」 一覧

講座【小説・ラノベ】最初に決めた世界観を変更する必要性

「最初に決めた設定」を変更する必要性 - 小説の書き方講座

「最初に決めた設定を変更する必要性」とは 最初に決めた設定を元に物語を書き始めても、物語の途中や後半になると、「もっとこうしたいのに、設定の制限があるからできない」という場面が出てきます。 その場合は、2つの選択肢があります。

講座【小説・ラノベ】「世界観の選び方」と「考えておくと良い事」について

「世界観の選び方」と「考えておくと良い事」について - 小説の書き方講座

世界観の選び方 世界観選びは、自分が得意だったり好きな世界観でも良いですが、考えた物語が「一番引き立つ」ものを選ぶ方法もあります。 「男女の恋愛」の物語を書く場合、現代・時代劇・近代・ファンタジーなど世界観が違うと、恋愛の形や表現方法も変化します。 「その世界観だからこその恋愛模様」をしっかりと表現 ...

講座【小説・ラノベ】世界観設定の必要性

「世界観設定」の必要性 - 小説の書き方講座

世界観とは、物語内の世界がどのようなもので、そこに住んでいる人たちはどのような生活をしているか、などの事です。 物語を書く場合は、世界観設定が重要になります。 世界観設定がないまま物語を書き始めてしまうと、その世界にないはずのものが出てきてしまったり、読者に違和感を感じさせてしまいます。 &nbsp ...

講座【小説・ラノベ】キャラクター設定表を作っておく

「キャラクター設定表」を作っておく - 小説の書き方講座

小説を書いている内に、キャラクターの特徴や情報を作者本人が忘れたり、間違えたりしないように、キャラクター設定表を作っておく事をオススメします。 また、身体的特徴やクセなどを書いておく事で、物語の中で表現として使う事もできます。   最低限考えておくと良いもの 名前・あだ名   外 ...

講座【小説・ラノベ】人物の名前の付け方

「人物の名前」の付け方 - 小説の書き方講座

人物の名前は、かわいい女の子にはかわいい名前、強そうな大男のには強そうな名前と、耳にした感覚で決めてしまいそうですが、小説の名前の付け方には、「覚えやすさ」「わかりやすさ」が大事な要素になります。   避けた方が良い名前の付け方 文字数は同じにしない方が良い 同じ文字数の名前ばかりになって ...

講座【小説・ラノベ】口調に特徴を付ける

「口調」に特徴を付ける - 小説の書き方講座

性格や考え方が違えば、口調にもそれが反映されます。 学園の生徒会長でみんなの手本になるような人物の場合は、目上の人には礼儀正しく丁寧語や尊敬語を使って話ますが、 強さだけを求めて日々ケンカばかりしてる格闘しか頭にない人物の場合は、目上の人に対しても丁寧語を使わないで話すかもしれません。

講座【小説・ラノベ】「キャラクターのギャップ」について

「キャラクターのギャップ」について - 小説の書き方講座

「キャラクターのギャップ」とは ギャップとは、いつも見せている姿とはかなり差がある姿の事です。 有名なものだと、「ツンデレ」があります。 いつもはキツイ対応をしてくるが、時折しおらしくなったり、物語の最初はキツイ対応だが、後半で好意的になり優しくなったりします。

講座【小説・ラノベ】人物に特徴を作る。似た人物はいらない

「人物に特徴を作る」「似た人物はいらない」 - 小説の書き方講座

小説は、文章で人物を把握するため、似た特徴を持つ人物が複数登場してしまうと、読者は誰の事を言っているのかわからなくなり混乱してしまいます。 読者にちゃんと覚えてもらえるように、登場させる人物はしっかりと特徴をつけて存在感を出させるようにしましょう。   外見的特長が似ている人物はいらない。 ...

講座【小説・ラノベ】メインキャラは、「その他大勢と同じ行動」をしない性格にする。

「メインキャラはその他大勢と同じ行動をしない」性格にする - 小説の書き方講座

メインキャラは、その他大勢と同じ行動をしない性格にする必要があります。 メインキャラが他の人と同じ行動を起こしてしまうと、目立つ事がなく、ドラマも起こりません。   家が火事になっている。 中には子供がいると、泣きながら叫んでいる母親がいる。 大勢の人は救急車に連絡した後、ハラハラしながら ...

講座【小説・ラノベ】「感情移入」と「憧れ」と「欠点」について

「感情移入」と「憧れ」と「欠点」について - 小説の書き方講座

「感情移入」について 小説は、一人称の場合は特に、主人公目線で物語を読み進めるため、主人公に感情移入できるかどうかが重要なポイントになります。 主人公に感情移入できない物語は、主人公が感じている事や言っている事が理解できず、「この主人公は何を言ってるんだ」という気持ちになり、酷い時には不快感すら覚え ...

Translate