「タイトル」について - 小説の書き方講座

更新日:

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on TumblrShare on Google+Pin on PinterestShare on RedditShare on StumbleUponDigg thisShare on LinkedInShare on VK

タイトルの大切さ

タイトルは、購入数・閲覧数に直結するとても大事な要素です。

タイトルを決める場合、一般的には「作品の内容がわかるもの」を付けますが、最近は様々な理由でタイトルの付け方も多様化しています。

おかしなタイトルでもその作品が売れれば、似た方向性のタイトルが急に増えたりします。

「どういうのが良い」とは、一概に言えなくなっています。

重要な事は、「読者の興味を引くタイトル」を付けるという事です。

スポンサーリンク

タイトルの付け方

作品のテーマ・内容がわかるタイトル。

物語のキーワードになるタイトル。

ひらがななどの読みやすいタイトル。

4文字のタイトル。

とても長いタイトル。

主人公の名前が入ったタイトル。

「○○の○○」のように、間に「の」が入るタイトル。

印象的なセリフを使ったタイトル。

閲覧数が多い検索キーワードのタイトル。

主人公の状態を表したタイトル。

 

避けた方が良いタイトル

他の作品と同じ・似ているタイトル。

あまりにも内容と関係がなさすぎるタイトル。

意味不明な文字の羅列のタイトル。

見た人が不快感を感じるタイトル。

 

関連する商品

楽天市場 Amazon

 

-小説講座【小説・ラノベの基礎知識】

Translate

Copyright© 愛楽ゆに の 創作研究所 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.