「テーマ」について - 小説の書き方講座

更新日:

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on TumblrShare on Google+Pin on PinterestShare on RedditShare on StumbleUponDigg thisShare on LinkedInShare on VK

テーマとは、「作品を通して読者に伝えたいもの」の事です。

テーマがしっかりと決まっていないと、ストーリーが散漫になり、「この主人公たちは、一体何がしたいんだ?」という状態になってしまいます。

 

テーマは、「命の大切さ」や「人生」などの重くて難しいものでなくても構いません。

「弱かった少年が成長し、最後は強くなる」や「のんびりした日常」でも良いのです。

テーマを決め、それを常に意識してストーリーを書く事により、「必要なエピソード」と「ない方が良いエピソード」がわかりやすくなります。

スポンサーリンク

テーマが「のんびりした日常」の場合、「家が火事になる」や「友達が重病になる」などの「のんびりした日常」からは程遠いエピソードを入れてしまうと、読者からは「なんだこの話」と感じてしまいます。

「のんびりした日常」を表現したいのであれば、「家が火事になる」などの重いエピソードを省いて、代わりに「好きなお菓子の話についてのんびりしゃべる」などの日常的なのんびりしたエピソードを入れると良いでしょう。

 

関連する商品

楽天市場 Amazon

 

-小説講座【小説・ラノベの基礎知識】

Translate

Copyright© 愛楽ゆに の 創作研究所 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.