「帰納法」と「演繹法」について - 小説の書き方講座

更新日:

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on TumblrShare on Google+Pin on PinterestShare on RedditShare on StumbleUponDigg thisShare on LinkedInShare on VK

帰納法について

帰納法とは、ストーリーを作る際に、先に「結末」を決めて、その結末に向かうように逆に考えていく方法です。

これから物語の向かう未来がわかっているため、そこにいたる道を考える事で物語が作られていきます。

帰納法で書くと、すでに結末が決定していてブレる事がないため、整合性のあるストーリーを書く事ができます。

スポンサーリンク

演繹法について

演繹法とは、ストーリーを作る際に、物語の始まりから順に考えていく方法です。

結末が決まっていないため、書いている途中に思いついたアイデアを盛り込んで書いていく事ができます。

書き始める前にイメージしていたものと大きく変わってしまう事もありますが、予想を超えたストーリーになる事があります。

しかし、「風呂敷を広げすぎてたためない」という状態にならないように、気をつける必要があります。

 

関連する商品

楽天市場 Amazon

 

-小説講座【小説・ラノベの基礎知識】

Translate

Copyright© 愛楽ゆに の 創作研究所 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.