イラスト講座「愛楽ゆにのイラストの描き方(メイキング)」

更新日:

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on TumblrShare on Google+Pin on PinterestShare on RedditShare on StumbleUponDigg thisShare on LinkedInShare on VK

愛楽ゆにのイラストの描き方(メイキング)をご紹介します。

 

今回、メイキングで使用するイラストはこれです。
(クリックすると画像が大きく表示されます)

イラスト講座 完成

 

それでは、はじめて行きましょう。

 

スポンサーリンク

キャラクターデザイン

僕は本番を描き始める前に、イメージを膨らませるためにキャラクターのデザイン案やどんなキャラなのかをラクガキのようにメモったりします。

これをする事で、「絵を描こうと思っていたのに、真っ白い紙を前にするとなかなか描き始められない」という状態をかなり軽減する事ができます。

 

まずは、何を描こうか妄想を膨らませていきます。
今回は、「バグナグ」というかぎづめの武器をモチーフにしようと思いました。
バグナグは「虎の爪」という意味を持った武器です。

「バグナグ → 虎の爪 → 猫科の獣人娘」という事で、猫耳キャラになりました。
また、接近格闘をするキャラという事で、快活なイメージができ上がりました。

イメージを膨らませてる内に、ガンダムSEEDの「砂漠の虎」というフレーズが頭をよぎり、舞台は砂漠になりました。

 

頭・顔のキャラクターデザイン

頭・顔のキャラクターデザインを、ラクガキくらいの気軽さで描いていきます。
下の絵になるまでにいくつか案を描いていますが、最終的にこれが決定案になりました。

大人しい印象にならないように、髪質を固くして外ハネにしています。
頭の布は、動きを出す効果を狙いました。

イラスト講座 下準備 顔

 

体・服のキャラクターデザイン

砂漠(熱い地域)が舞台なので、肌の露出が多い水着のような衣装にしました。
(実際は、砂漠で肌を露出したら肌が焼けて大やけどになりますが、見た目重視でリアリティーをあえて無視します)

「砂漠」から「金でできた装飾品」や「宝石」が浮かんだので、所々に金の装飾品を付けさせています。
(炎天下で肌に直接金属を付けたら大変な事になりますが、やはり見た目重視のためリアリティーは無視します)

本番のイラストでは後ろは描きませんが、ちゃんと後ろ側も考えています。
後ろ側もちゃんとイメージできていると、描いている途中で悩んだり、つじつまが合わなくなるという事がなります。
(なので、適当でも良いので考えておく事をオススメします)

イラスト講座 下準備 服

 

武器のデザイン

この絵は、武器がモチーフになっているので、武器は特に力を入れて考えます。

「虎の爪」なので猫科の動物らしく、引っかいたり、壁に登ったり、爪を収納したり、いろいろイメージを描いていきます。
また、相手が剣などの武器を持っていても防げるように、手の甲の部分を盾としても使えるようにデザインしました。

イラスト講座 下準備 武器

 

 

ラフ

イラストの構図を考えます。

構図を考える時は、大きな画面に描くよりも小さいマスを作ってささっと描く方が気楽に描く事ができます。
下のは2つしかありませんが、実際はもっと多くの構図を描いています。

左は飛び掛かるイメージで描いた物です。
迫力は出ますが、キャラ絵として見せたいと思ったのでアクロバティックな構図はボツにしました。

右はファイティングポーズをイメージして描きました。
キャラも武器もしっかりと見せる事ができ、爪を曲げる事ができるというこの武器の特徴も伝わりやすいので、この構図に決定しました。

イラスト講座 下準備 構図

 

 

下絵

いよいよ本番のサイズで下絵を描いていきます。
キャンバスのサイズは「1440×1920pix」にしました。

先ほどのラフを見ながら形をとっていきます。
後でペン入れをしてキレイな線にするので、とりあえずガシガシ描いていきます。
先に裸の状態で描いて、後から服や装飾品、武器などを別レイヤーで描くと描きやすくなります。

完成した下絵がこれです。

イラスト講座 下絵

 

 

ペン入れ

下絵が完成したら、次はペン入れです。

ペン入れの線の良し悪しで、仕上がり具合が左右されるので、かなり集中して描いていきます。

線が歪んでしまったら、手間を惜しまずにちゃんと描き直します。
全部描き終えた後で、はみ出している部分や汚れている部分を丁寧に修正します。

線画が完成しました。

イラスト講座02 ペン入れ

 

下塗り

いよいよ、塗りの作業に入ります。
まずは「下塗り」です。

下塗りは、その範囲より外に出ないようにするために必要な作業です。
バケツ機能で色を置いていきます。
全て色が置けたら、塗り残しがないか拡大した状態で探して、丁寧にブラシで塗っていきます。

下塗りが終わった状態がこの画像です。

イラスト講座03 下塗り

 

 

塗り

これから本番の塗りをします。

塗る順番はどんな順番でも良いのですが、僕の場合は「肌→目→髪→服→体の装飾具」という順で塗る事が多いです。

早い段階で「肌」と「目」を塗ると絵の完成がイメージしやすくなるので、最後まで塗るモチベーションを保つのに役立ちます。
(これは人によってさまざまで、最後に目を塗るという人もいます)

 

 

肌を塗る

まず、肌に1段階目の影を入れます。
1段階目の影は、体の曲線を表現するためにつけるので、光の方向を考えながら入れていきます。

イラスト講座c01 肌の影を1段階塗った状態

 

次に、2段階目の影を入れていきます。
2段階目の影は、体の下や重なった部分にできる影などを表現するため、先ほどの影よりも濃い色で塗っていきます。

イラスト講座c02 肌の影を2段階塗った状態

 

次に、肌のハイライトを入れていきます。
光の方向を考えて、光が一番強く当たる場所を白色で光らせていきます。
これで肌の塗りは完成です。

下塗りの時と比べて、肌の部分に立体感が出ました。

イラスト講座c03 肌のハイライトを塗った状態

 

 

目を塗る

次に目を塗ります。

目は塗りの中でも最も重要な部分なので、特に力を入れて塗ります。
目の塗り方ひとつでキャラクターの印象がかなり変わってしまうので、塗った後におかしいなと思ったら、思い切って最初から塗り直しましょう。
その方が良い絵になる事が多いです。

イラスト講座c04 目:目を塗る前

 

白目の部分の影を塗ります。
青みがかったグレイで軽く入れます。

イラスト講座c05 目:白目を塗った状態

 

次に、瞳を塗ります。
目のフチと瞳孔を塗ります。

イラスト講座c06 目:目の暗い部分を塗る

 

先ほど塗った瞳孔のフチに瞳孔の色より少し明るい色を置いて、少しグラデーションのかかった柔らかい印象にします。

イラスト講座c07 目:目の暗い部分より少し明るい色を入れる

 

次に、目の下の方に明るい緑色で三日月型に塗ります。

イラスト講座c08 目:目の下の方に三日月状の明るい部分を入れる

 

最後にハイライトを入れます。
ハイライトを入れると、急に輝いた目になって命が宿ったような表情になります。

イラスト講座c09 目:ハイライトを入れた状態

 

 

髪と猫耳・しっぽを塗る

髪と猫耳・しっぽを塗ります。
肌とほぼ同じ塗り方です。

イラスト講座c10 髪と耳しっぽを塗った状態

 

 

服を塗る

服を塗ります。
影色は、重さを感じるように暗めにしています。
ハイライトは、あまり入れすぎると布ではなくビニールのようなテカテカした素材になってしまうので、胸などに軽めに入れています。

イラスト講座c11 服を塗った状態

 

 

装飾品と宝石を塗る

装飾品(黄色部分)は、光の向きを考えて塗るだけなので、さくっと塗りました。

なかなかに難しいのが宝石です。
塗り方ひとつでかなり変わってしまうので、塗り終わった後で見直して、思ったのと違っていれば塗りなおしてみるのも良いでしょう。

イラスト講座c12-0 宝石と金細工を塗る

 

フチの部分を暗くします。

イラスト講座c12-1 宝石と金細工を塗る01

 

下のフチの部分に、少し明るい色で塗ります。

イラスト講座c12-2 宝石と金細工を塗る02

 

上のフチをさらに暗くし、中央の上の部分も暗くします。

イラスト講座c12-3 宝石と金細工を塗る03

 

乗算レイヤーを作って、左半分に暗い影を落とします。

イラスト講座c12-4 宝石と金細工を塗る04

 

ハイライトを塗ります。
塗った後にボカシなどで擦ると、つるんとした輝きが出ます。

イラスト講座c12-5 宝石と金細工を塗る05

 

最後に少し手直しをして、宝石の完成です。

イラスト講座c12-6 宝石と金細工を塗る06

 

 

武器を塗って、キャラクターの完成

キャラと同じ要領で武器も塗ると、キャラクターの完成です。
下塗りと比べると、ずいぶんと立体感が出ました。

イラスト講座c13 武器を塗って、キャラの塗り完成

 

 

背景

次は、背景を描いていきます。
背景は自然物なので、下絵を描かずにそのまま塗りで表現していきます。
建物の場合は、キャラと同じように「下絵→ペン入れ→塗り」という過程になります。

 

空と砂漠を大まかに塗る

空を青、砂漠の砂をベージュとして、大まかに塗ります。
これで2つの範囲が分かりやすくなりました。

イラスト講座d01 背景:空と砂漠の範囲を決める

 

 

空を塗る

空にグラデーションをかけて、より深い青にします。
砂との境界に、白くブラシで塗ってクッキリしすぎないようにボカシを入れました。

イラスト講座d02 背景:空が完成

 

 

砂漠を塗る

砂漠の砂山に当たる光の具合を考えながら、軽く影を入れていきます。

イラスト講座d03 背景:砂漠に軽く陰影を入れる

 

砂漠の砂に、さらに濃い色を入れます。
クッキリしすぎないように、塗りながらボカシます。

イラスト講座d04 背景:砂漠にさらに濃い陰影を入れる

 

光が当たる部分に、ハイライトを入れていきます。
これで背景の完成です。

イラスト講座d05 背景:砂漠にハイライトを入れて背景完成

 

 

仕上げ

最後に、仕上げをします。
これはやらない人もいますが、やっておくと絵の見栄えが少し変化します。

今回は、線画を柔らかくする「色トレス」をします。
① 画面全体を統合したものを複製します。
② 複製した方をクリッピングレイヤーにして「線画」の上に乗せ、合成モードを「スクリーン」にします。
③ 複製した方を「レベル補正」で適当に暗くします。
④ ちょうどいい色合いになるように、「不透明度」を変更します。
(③と④は、好みの感じが出るように何度も繰り返します)

 

仕上げが終わったら完成です!!

イラスト講座e01 仕上げ(色トレス)

 

 

おまけ

フィルターをかけて「猫パンチ」をしているようにしてみました。

イラスト講座e02 エフェクトを入れた

 

 

完成データのダウンロード

このイラストの完成データは、「秘密部屋」内にあります。

梱包しているファイル
○完成データ(PSDファイル)。
○ラフ・下絵・ペン入れ・完成絵の大きなサイズ。
「下絵はペン入れ練習」「ペン入れ絵は塗りの練習」にお使いください。

 

 

使用しているソフト・周辺機器など

使用しているソフト

CLIP STUDIO PAINT

 

使用している周辺機器

Intuos Pro

Logitech G13

左手デバイス(Logitech G13がない場合はコチラから探してみてください)

Logicool ゲーミングマウス G600

 

 

-イラスト講座【イラスト研究・メイキング】

Translate

Copyright© 愛楽ゆに の 創作研究所 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.