えもふり講座 - アニメーション講座

更新日:

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on TumblrShare on Google+Pin on PinterestShare on RedditShare on StumbleUponDigg thisShare on LinkedInShare on VK

「えもふり」の初心者向け講座です。

「簡単に自分の絵を動かしてみたい!」という人に向けておりますので、難しい部分は抜きにしたシンプルな講座になっております。

詳しい解説は公式のマニュアルにありますので、さらに深く知りたいと思った方はそちらを参考にしてくださいね。

(これは、使い方を忘れてしまわないないように、自分のための覚え書きでもあります。) 

 

スポンサーリンク

 

「えもふり」とは

「えもふり」とは、「E-mote」の無料版で、イラストなどを簡単にアニメーションさせる事ができるソフトです。

ソフトが指定する「イラスト素材」を作成した後、「えもふり」に読み込ませるだけで、 イラストが生きているように動き出します。

■読み込ませられる形式 : フォトショップ形式(psd)
■出力できる形式 : 連番PNG、アニメGIF、WMV 

 

作品例「クリオネ☆マトイちゃん」(こんなのが作れます)

 

ソフトのダウンロード&インストール

「えもふり」の公式ページを開いて、
「えもふりを今すぐダウンロード!」と書かれた赤いボタンをクリックすると、ダウンロードする事ができます。

ソフトをダウンロードをしたら、インストールをします。

一応、お使いの環境で起動するかどうか確認してください。

問題なく起動したら、とりあえず「えもふり」はおいておきます。

(テンプレートのサンプル画像が入っているので、まずはそれをいじり倒してみるのもいいかもしれません。)

【 「えもふり」の公式ページ 】

 

イラスト素材を作る 前編 (パーツ分け・レイヤー名)

■使用ソフト
最終的にフォトショップ形式にできたらいいので、僕の場合は、psd形式でも出力ができる
CLIP STUDIO PAINT PRO を使っています。

■必要なパーツを作り、「えもふり」が指定するレイヤー名にします。

必要なパーツ、レイヤー名、レイヤー順は、以下を参考にしてください。
「後ろにあって、重なって見えなくなるパーツ(レイヤー)」ほど下に配置します。

 

注意!
初めて作る場合は、下記と同じ「レイヤー名」にしてやってみてください。
レイヤー名が正しくないと、「えもふり」に読み込む時に正常に認識してくれなくなります。
(レイヤーを入れている「フォルダ名」は、同じでなくても構いません。)

 

フォルダ名 レイヤー名 説明
【顔パーツ】 眉が帽子や髪の毛で完全に見えなくなっている場合は省略します。
マブタ通常 開けている時のマツゲです。
マブタ閉じ 閉じている時のマツゲです。
瞳通常 マツゲに隠れている部分も丸く描く必要があります。
(キャラが上や下を向いた場合、瞳の上や下が表示されてしまうため。)
白目通常 瞳が上下左右に動くので、瞳の後ろの塗り残しがないように塗っておきます。
ディフォルメキャラの場合は、省略します。
クチ 閉じているクチです。
クチ開き 開いているクチです。

 

初めて作る場合は、「追加パーツ」「胸」は省略して作るのが、難しくなくて良いかもしれません。
(灰色にしている部分は、なくても良い部分です。)

 

フォルダ名 レイヤー名 説明
【頭・体パーツ】 追加パーツ_あほ毛 「クリオネ☆マトイちゃん」の追加パーツです。
あほ毛がないキャラの場合は必要ありません。
頭のパーツで一番前に位置するので、一番上にします。
前髪 前髪です。
輪郭 髪の毛で隠れている部分も「髪の毛が揺れて見える」ので、髪の毛で隠れている部分も輪郭を描きます。
また、目が閉じるので、目の部分も全て肌色で塗りつぶしておきます。
追加パーツ_紐 「クリオネ☆マトイちゃん」の追加パーツです。
装飾品などがないキャラの場合は必要ありません。
胸を揺らしたい場合は、胸を胴体とは別パーツにする必要があります。
胸のないキャラの場合は省略します。
胴体 基本的な人物の場合は、「胴体・腕・腰・足」も全て「胴体」として1つのパーツにします。
追加パーツ_左手 「クリオネ☆マトイちゃん」の追加パーツです。
基本的な人物の場合は必要のないパーツです。
手をゆらゆらと揺らしたいと思ったので、追加パーツとして胴体とは別のパーツにしました。
追加パーツ_右手 「追加パーツ_左手」と同じです。
後髪 基本的な人物の場合は、「前から見える後ろ髪」をこのパーツにします。
「クリオネ☆マトイちゃん」の場合は、後ろ髪が見えず、代わりにツインテールがあるので、ツインテールを「後髪」としています。

 

「背景」を入れたい場合は「背景」と名前を付けるだけで読み込まれます。

 

フォルダ名 レイヤー名 説明
【背景】 追加パーツ_しらたま 背景で「ゆらゆらしている白いもや」を追加パーツにして、ゆらゆら揺れるようにしてみました。
背景 背景を1枚で構成する場合は、これ1枚で良いです。

 

【画像:左】
作業が完了すると、以下のようなレイヤー構造になります。
(フォルダ分けはしなくても構いませんが、あるととてもわかりやすくなります。)

【画像:右】
目とクチが2重になっているのは、「閉じた目(クチ)」「開けた目(クチ)」を同時に表示しているためです。

レイヤー構造 パーツを全て表示させた状態
レイヤー構造 パーツを全て表示させた状態

 

イラスト素材を作る 後編 (中心点・範囲指定)

■「中心点」と「範囲指定」をします。
レイヤーに、「点」と「四角」を描くだけですので、コツがわかれば簡単にできるようになります。

注意!
初めて作る場合は、下記と同じ「レイヤー名」にしてやってみてください。
レイヤー名が正しくないと、「えもふり」に読み込む時に正常に認識してくれなくなります。
(レイヤーを入れている「フォルダ名」は、同じでなくても構いません。)

 

●まずは「中心点」を作ります。
新規レイヤーを作り、下記を参考にしてブラシツールなどで「点」を打つだけでできます。

 

フォルダ名 レイヤー名 説明
【中心点】 首中心 「首を傾けるための中心」を設定するための点です。
腰中心 「体を傾けるための中心」を設定するための点です。
原点 「キャラ・背景全体を回転させるための中心」を設定するための点です。

 

●次に「範囲」を作ります。
新規レイヤーを作り、髪などのパーツを囲む四角を描くだけでできます。

「範囲」は、そのパーツが「表示される範囲」と思われます。
画像のギリギリで囲まず、少し余裕を持った大きさにする方が良いようです。

「トリミング枠」以外は、半透明にしておくと作業がやりやすくなります。

 

フォルダ名 レイヤー名 説明
【顔の範囲】 目R枠 目の範囲です。 開いた目を囲みます。
目L枠 「目R枠」と同じです。
眉R枠 マユの範囲です。マユを囲みます。
眉L枠 「眉R枠」と同じです。
鼻枠 鼻の範囲です。鼻を囲みます。
クチ枠 クチの範囲です。開いた口を囲みます。

 

フォルダ名 レイヤー名 説明
【頭・体の範囲】 頭部全体枠 「頭」として同時に動く部分を全てを囲みます。
あほ毛やツインテール、頭の装飾も1つの四角で囲みます。
胴体全体枠 「体」として同時に動く部分を全て囲みます。
腕も1つの四角で囲みます。

 

フォルダ名 レイヤー名 説明
  トリミング枠 キャラを切り抜きたい範囲を囲みます。
この四角は「不透明度100%で、完全に表示させた状態」にします。
(半透明にすると、えもふり内のキャラが半透明になってしまうようです。)

 

レイヤー構造 中心点と範囲を全て表示させた状態(赤い点が中心点です)
 レイヤー構造 中心点と範囲を全て表示させた状態(赤い点が中心点です)

 

これで「イラスト素材」は完成です。
「フォトショップ形式(psd)」で保存をします。

 

「えもふり」に「イラスト素材」を読み込ませる

■「えもふり」を起動させて、ファイルを読み込ませる。

「ファイル」>「プロジェクトを開く」で、モーションファイルを選びます。
「E-mote3.0テンプレート」フォルダ内にある、「E-mote3.0入門用テンプレート.mmo」を開きます。

次に、作った「イラスト素材」を読み込みます。
「ファイル」>「PSDをインポート」で、先ほど作った「イラスト素材(フォトショップ形式)」を開きます。

 

■「PSDインポート」で、「イラスト素材」の最終調整をする。

左にある「取り込みパーツ一覧」の色の違いについて。

 

レイヤー名 説明
黒い文字 画像がある部分。
赤い文字 画像がない部分。
(エラーで読み込まれていない場合や、鼻など省略したために画像がない場合があります。)
青い文字 画像の入っている「新規追加パーツ」。
右に表示される画面で「パーツタイプ」などを変更すると、緑色に変化します。

 

●とりあえず、「リセット」ボタンを押します。
(リセットをしないでやった場合、鼻を省略している(画像がない)せいか、「テンプレート画像の鼻」が読み込まれてしまうという事が起きたので・・・w)

●「物理挙動スケール」を設定します。
「イラスト素材」と「テンプレート画像」の大きさと位置が近くなるように、「スケール」と画面をドラッグして調節をします。
(テンプレート画像に近くしておくと、モーションが正しく表示されるらしいです。)

●「範囲」を確認します。
全てのパーツ名をクリックして、「四角で囲った範囲」がちゃんと反映されているかを確認します。
もしズレていたら、四角をドラッグして大きさと位置を調節します。

●「新規追加パーツ」の「パーツタイプ」を設定します。
(「追加パーツ」を作っていない場合は飛ばしてください。)

この項目に関しては、「追加するもの」によってベストな設定を、実験して理解していってくださいね。
クリオネ☆マトイちゃんの「あほ毛」の場合は、「+頭部+頭部枠同期+揺れ有り」に設定しました。

設定が終わったら、下にある「インポート」を押すと「えもふり」にキャラが読み込まれます。

 

キャラを動かして遊ぶ

■「サンプルモーション」を使ってキャラを動かす。
ここでは、読み込んだキャラを、「最初から用意されているテンプレートのモーション」で、
すぐに動かして楽しめる方法を書いておきます。
(自分の思うように「オリジナルの動き」をつけたいという場合は、公式のマニュアルをご覧くださいませ。)

●「サンプルモーション」のある場所
「ポーズ詳細編集」>「タイムライン編集」を開くと、「サンプルモーション」がズラ~っと表示されます。

その中で、「全自動_test」 「全自動_test2」 「複合01」 「複合02」 「複合03」 が、
キャラが大きく動いたりいろんな表情をしてくれるので、見ていて楽しいと思うので、まずはこれを試してみてくださいね。

 

アニメーションの出力の仕方

■「タイムライン編集」の右画面にある「動画を出力する」をクリックすると、「動画出力設定」が表示されます。

 

レイヤー名 説明
フォーマット 「連番PNG」「GIFアニメーション」「WMV(動画)」の3つから選べます。
幅・高さ 画面の大きさの設定です。
オフセット X・Y 画面の位置です。
右のプレビューをドラッグして変更する事もできます。
スケール 画面に映っているキャラを拡大縮小できます。
「1」が等倍で、 「1.5」「2」「2.8」などにすると拡大され、
「0.8」「0.5」「0.25」などにすると縮小されます。
タイムライン(差分) これは使わなかったので不明。
追加キャプチャ時間 これも使わなかったので不明。
モーションが終わった後に、停止している時間
フレームの時間 1秒間あたりのコマ数です。
コマ数が多いほど動きが滑らかになります。(数字が少ないほど滑らかな動きになります。)
ただし、「えもふり」は「120フレームまで」という制限があるので、滑らかにするほど出力される再生時間が短くなってしまいます。
ブラー 画像に残像が残るような効果が付きます。
(僕はチェックを外して出力しています。)

 

「OK」ボタンを押すと出力されます。

初心者向け「えもふり」講座は、これにておしまいです。

自分のイラストが生きているように見える技術を、みなさんも楽しんでみてくださいね。
愛着アップする事、間違いなしですよ♪

 

-イラスト講座【イラスト研究・メイキング】

Translate

Copyright© 愛楽ゆに の 創作研究所 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.